福井の不動産投資RANKING.net

ホーム > 福井の不動産情報 > 不動産投資と他の投資との比較

不動産投資と他の投資との比較

資産運用では、自分に合った投資方法を見つけることが重要ですが、それは常に固定しているのではなく、状況によって変化していきます。今の時点での投資での自分のメリットとデメリットを判断して選ぶ必要があります。
またそれぞれの投資の比較や長所や短所の理解も必要です。たとえば不動産投資を将来メインに進めたい場合には、その他投資との比較は重要になります。その場合よく使われる言葉としては、リスクとリターンです。だいたい3つに分けられますが、ローリスクローリターン、ミドルリスクミドルリターン、ハイリスクハイリターンです。
いちばん良いのはハイリスクローリターンですが、これはなかなか難しく、特別な状況や犯罪関係でないと実現しません。なぜならば、リスクとリターンはコインの裏表の状態と同じで、一体化した状態の見方の違いだからです。

いちばん危険がないのがローリスクローリターンの銀行の預貯金です。これは今のように世界的な超低金利では、投資と呼べないほど利益が低く、安全に管理をしてもらうためのサービスになっています。返って色々な手数料の分マイナスになる場合さえあります。
そのほか株式投資やFXもありますが、これも簡単にインターネットでできる投資なので入りやすいのですが、ハイリスクハイリターンなので、危険性があります。うまくいけば少ない資金でも見返りが期待できますが、今のところは損をする人たちが9割以上いるという話が有名です。
投資というよりも、ギャンブルに近いという人もいます。その点不動産投資はその中間でミドルリスクミドルリターンの投資ということになります。投資方法にもよりますが、長期間継続して収益を得られるメリットがあります。

不動産の場合は、土地だけでは何の利益も生まないので運用をすることになります。具体的には建物を建て、家賃収入を得たり、そこで商売をして収益を得たり、土地自体を貸して収益を得たりします。ミドルリスクという意味では、土地や建物を資産として得られるということがあります。
リスクとしては自然災害などで損傷を受けたり、火事などで失うということもありますし、家賃収入を得る場合に、入居者を確保できなければ、収入が得られないというリスクもあります。また地価が下がるというリスクもあります。
しかし、土地や建物があれば、資産がゼロになったり、マイナスになることがないのでミドルということになります。それらの知識を理解して運用を始めます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る